私が整理収納(その時は整理収納という言葉を知らなかったのでどちらかというと断捨離)を始めたのは、クローゼットからでした。

調布市整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリストのあらいゆきこです。

この本の著者が出た番組をたまたま見たのがきっかけでした。
IMG_2030
そして次の日?本屋さんに立ち読みに行ったのでした。

もう内容はあまり覚えていないのですが、

その時の私は、専業主婦歴約6年。
2人目も産まれて
家とスーパーと公園の往復で、メリハリのない生活。
服が足りないわけでもないのにどれを着たらよいか分からない。
結局ジーパンにカットソーばかり。
たまにお出かけしようとなっても全然オシャレに見えない。


気に入っているものなら10着で満足できるの?

じゃあ、やってみようじゃないの!

と思って、100円ショップからショックピンクのハンガーを10本買ってきたんです。

大した服を持っていなかったので、オシャレにはならなかったのですが(笑)
このトップスに合うのはこのボトムス、
このボトムスに合うのはこれとこれ。

パターン化してくるので着るものに悩む時間が減りました。


そして

モノが少なくなると、迷いがなくなるということに気が付きました。

そして

使わないモノは取り除いて、使いやすい場所に置こう

と、整理収納のスタート地点に立ったのでした。


あ、私の話はこの辺にして。

なぜ、クローゼットの整理がオススメなのかというと、

その1.自分一人の空間だから

リビングは家族のものもあるし、

中には休日には料理をしてくれるという、超絶羨ましい旦那さまもいらっしゃいます。

子供のおもちゃが多すぎて…と思っても、
お子様がある程度の年齢になると(私は4歳くらいかなと思っていますが)
お子様自身がいる・いらないを判断できるようになってきます。
それを勝手に捨てると「ママに捨てられた」と思ってしまいます。

そうなるとやっぱり家族の同意や協力も必要なので、
思い立ったが吉日!と勝手に取り掛かることができないこともあります。


その2.適正量が決めやすい

自分の生活サイクル(洗濯やクリーニングの頻度、旅行や出張の日数など)から
何着・何枚必要かという数が割り出しやすいんです。

またはこのクローゼットが見通せる分だけ、ここの引き出しに入るだけ、など
スペースから目標値を決めることもできます。


その3.季節の変わり目

もうすぐ衣替えの時期。見直すには絶好の機会です。
まずはこの夏着なかった服、着てみたけどビミョ~だった服から見直してみましょう。
それは今の貴女に選ばれなかった可哀想なお洋服たちです

お洋服を追加で買って似合うコーディネートを考えますか?
それとも一旦さよならしますか?

来年の夏も悲しませないようにしてあげてくださいね。



必要なモノ、好きなモノだけ戻したそのスペースを眺めてみてください。
写真撮って旦那さまやご姉妹、お母さまにLINEしたくなっちゃったり♪
無駄に開けたり閉めたりしてみたり、
ちょっとおしゃれな無印のカゴに入れたくなっちゃったわなどなど。

そんな気持ちが味わえたら、きっと他の場所もやってみたい!と思っていただけると思います。

int-14-4

(画像お借りしています)

とは言っても、
ファッション大好きで、た~~っくさん持っているよー!(笑)と自覚のある方は
いきなり好きな服だけ選びだすとか、決めた数まで減らすというのは難しいかもしれません。

そのような方は、自分のものだけ入っている引き出し、本棚、化粧ポーチとか
もう少し小さな自分専用のスペースから始めてみてはいかがでしょうか??

DSC_2673
真夏の私のクローゼット。4,5着くらいさよならしました。


整理収納サポート、お片付け相談 

対応エリア
調布市・三鷹市・府中市・狛江市・稲城市・
世田谷区、杉並区、川崎市の一部

◆詳細はこちら→
◆お申込み・お問合せはこちら→
◆お片付けビフォーアフターはこちら→

↓ポチッとしていただけると励みになります(* ´ ▽ ` *)
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

Instagram